私のフェイスブックです

「にほんブログ村 起業・独立 中小企業診断士カテゴリー」今日はどんな話題があるかな?

こちらもご覧ください!

  • Banner160x45

登録しています!

  • 全国士業のつぶやきポータルサイト

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ブログデザインを変更しました!

 ネコ好きなのでこれにしました。

 ブログのあちらこちらにネコがいます。

 しばらくはこれでお付き合いください。
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

twitter始めました!

 流行のtwitterを始めてみました。

 まだよく使い方が分からないのですが、まるでビッグバンから急速に拡張している宇宙のようなイメージです。

 何をつぶやいていいのやら分からなくて、くだらないことを入力しちゃっていますが、ハマりそうです。

 何でも新しいことを始めるのはエネルギーが必要です。でも、得るものも大きいような気がします。

 「始めの一歩」を踏み出すことが大切ですね。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

クレーム処理に慣れてしまいました。

 昨日はクレームがあったために、お客さま(中小企業の経営者)のところをお詫びのために訪問しました。私の部下の態度が悪かったそうです。

 その内容は、必ずしも謝るべきということではなかったのですが、お客様の憤りを鎮めなくてはならないと思って訪問することにしたのです。

 私は管理職になってから、このようなクレーム対応のための訪問を相当回数行っています。いやな仕事ですが、回数を積み重ねているうちに、いつしか慣れてしまいました。

 クレームとなる事案はいろいろありますが、私は、少しでも当方の落ち度があればまずはお詫びすることを徹底しています。

 次にうまくお客様の怒りが収まったら、そのお客様の表情や性格を読みながら、少しでも場が和むような会話をするようにしています。

 ここでお客様の性格を読み取ることが非常に重要です。

 プライドが高い人にはできるだけ持ち上げるように、短気な人にはできるだけ結論を早く言うように等々、性格に合わせた会話を心がけています。

 やはり話題としていいのは、お客様の事業内容に関することです。お客様の事業に関心を持っているということを(ウソでも)態度に出し、いろいろと質問すると、嬉しそうな顔をされて自社製品の説明をされる方が多いのです。

 帰る頃には、すっかり意気投合モードになって、何のために訪問したのかさえ忘れてしまうこともあります。そうなれば、クレーム処理としては最高の終わり方だと思います。

 私はコンサルタントとして独立したら、「クレーム処理」に関するセミナーはできるような気がします。

 でも「クレーム処理セミナーが専門です」とは言いたくないので、専門分野は他のことにしたいと思いますが・・・

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

辻井啓作氏著『独立開業マニュアル これだけは知っといてや』

41hzb6hmvyl_sl500_aa240_
 大石先生のブログで紹介されていた本です。

 私はすぐに「読んでみよう!」と思い、アマゾンで購入しました。

 絶版になっているとのことで、中古でしたが、定価740円のところを2,000円で買いました。

 それでも読んでみて「買ってよかった」と思っています。

 「マニュアル」というよりも、独立にまつわる生々しい実態を示してあり、著者の実体験に基づいているため非常に臨場感があります。

 特に著者は中小企業診断士として独立されており、私のような者にはとても参考になる一冊です。

 関西弁で語りかける口調は、私が大阪支店時代に会ったコテコテの経営者を思い出させますが、「本音を語っている感」が強く出ています。

 絶版とは残念!ぜひとも続編を読みたいものです。
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


鹿児島県人は酒が強いか?

 私は、一昨年の春から故郷である鹿児島県に住んでいますが、東京や大阪に住んでいたときに、「どこのご出身ですか?」と聞かれて、「鹿児島県です」と答えると、よく「お酒が強いんでしょうね~」と言われました。

 どうやら、鹿児島県人は大酒飲みばかりと思われているようです。

 ところが、私の父も母もその兄弟たちも、ほとんどが下戸なので、子供の頃は「酒飲みの鹿児島県人」という人をほとんど見たことがありませんでした。

 社会人になって始めて鹿児島で仕事をしてみると、確かに鹿児島県人は、酒(正確には焼酎)抜きでは語れないということが分かりました。
 とはいっても、酒が「強い人」というよりも、「好きな人」が多いという方が正解ではないかと思います。

 そういう私は、親戚の中で「突然変異ではないか」と言われるくらいののん兵衛です。
 「飲みニュケーション」が大好きで、 会合の懇親会なども喜んで参加する方です。

 最近私は、「お酒は強いですか?」と聞かれたら、「鹿児島県人として普通くらいです」と答えるようにしています。結構受けるからです。

 鹿児島では、ビジネスにおいても「飲みニュケーション」が重要です。

 お客さんを接待する場合には、そのお客さんを「酔いつぶすことが最高のおもてなし」と考えられているフシがあります。
 診断士の方で鹿児島に講師で来られたことがある方は、ご理解いただけるのではないでしょうか。

 ですから、お客さんとして接待される場合は、ぜひ酔い潰れてください。接待する方は大喜びで、「この方はいい方だ!」と称賛されるに違いありません。
 以後の人間関係もバッチリですscissors(翌日は二日酔いで大変ですが…)

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
 

あなたは「ランナーズ・ハイ」を味わったことがありますか?

 何年か前から、巷に「走っている人」が増えたと思いませんか?

 東京の皇居の周りなどは、ジョギングするビジネスマンで溢れているそうです。

 私が住んでいる街でも、朝や夕刻にはジョガーが多く見られます。

 特に女性の方が、カラフルなウェアを着て、音楽を聴きながら走っている姿が目立っています。

 そういう私も、数年前から会社では「走る人」で通っています。
 しかし、最近は寒くて外ではとても無理で、専らスポーツジムのトレッドミルで走っています。

 動くローラーの上を走っていると、まるでハムスターになったような気分です。

 まあそれでも走ると気持ちのいいものです。

 普段走っていなかった人が走ると、最初はものすごくしんどいですが、頻繁に走っているとすぐに慣れてきます。

 そして、調子よく走っていると、運が良ければ「ランナーズ・ハイ」の状態を体験することができます。

 あの気分の良さは、体験したことがある人しか分からないのです。

 脳内にドーパミンだかアドレナリンだかエンドルフィンだか?が分泌されて、とてもハイな気分になり、いくら速く走ってもきつくない状態になる瞬間のことです。

 本当に最高の気分なんですよ!

 例えていうと、「生きてるってすばらしい!」という気分になるのです。

 みなさん!ぜひ走ることを習慣にして、いつしか「ランナーズ・ハイ」を体験してみてください。

 「走れる診断士」ってカッコイイじゃないですか!

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

独立までの三つの投資

 私は独立するまでの間に、次の3項目について向上を図りたいと思っています。

 1 コンサルタントとしてのスキルを身につける
 2 人脈をつくる
 3 健康を保つ

 それぞれについて、自分の不足している部分は自分が一番よく理解しています。

 向上させるためには、ある程度金と時間を投資する必要があると思いますが、着実に前進していきたいと思います。
 
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

「始めの一歩」を踏み出すことが重要

 何か新しいことをやろうかと考えたときに、それに向かって行動を起こすまで、長い人と短い人がいると思います。

 例えば身近な例でいうと、何か新たな資格の取得を目指そうと思っても、あれやこれや忙しくしているうちに何も始めずに時が経ってしまうとかいうことはありませんか?
 私はそういうことがよくあって、後で「早く始めればよかった」と公開することが多かったのです。

 私がこれまで会った中小企業の経営者にも、売掛金の回収が長期になっている取引先について、「取引を止めたいんですが、長年の義理がありましてね~」というようなことを言っている人がいました。

 これも自分に言い訳をつけて一歩踏み出せない例だと思います。

 資金的な問題とかで慎重になるべきことは別として、明らかに取り組むことが前進につながると思えることならば、「始めの一歩」を踏み出すまでの時間は短くすることが重要だと思います。 

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

診断士の著書『ゼロからわかる会社の数字 基本と常識』を購入しました!

 プロコンとして活躍されている大石先生の著書『ゼロからわかる会社の数字』を購入して読みました。

F48285d0_2
 内容的には大石先生ご自身がブログで書かれているように、新入社員や会社の基礎的な数字を学び直したい会社員を対象としたものですが、診断士がそうした人たちに教えるときのポイントを示した書として、とても参考になります。
 
 出版社の西東社は、多分野に渡る実用書的なものを出しているイメージがありますが、中小企業診断士がそうした本の著者となったのは、個人的に非常にうれしく思います。

 私もこれを読んで、「いつかは本を出版したい」と強く思うようになりました。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

大手ファストフード店のクレーム対応に目がテン

 今日は、大手ファストフードチェーンの店でランチをしました。ハンバーガーとフライドチキンを頼んだのです。

 火が通っていない!
 チキンを食べていたら、なんと中心部がひんやりしていて赤身のままでした。火がしっかり通っていなかったのです。

 私は、「黙っていてはこの店のためにならない」と思い、近くにいたアルバイトの女性に声を掛けました。

 「このチキン、中が火が通っていなくてですね…」とまだ話し終わらないうちに、「すみません。少々お待ちください。」と言ってそのチキンを持って行きました。

 さて、どんな対応だろうか?
  私は、「さてどんな対応をするのだろうか?」と興味津々で待っていて、次のような対応だろうと想像しました。

 店長が飛んで来る
 →「申し訳ございません」と平謝り。

 →「もちろんお代はお返しします」と言って金を返すか、「ご返金させていただきましょうか、新しいものをお持ちしましょうか」と聞く。

 →返金してもらい、その上無料券等のお詫びの品をもらう。

 →「万一お体の具合がお悪い場合はご連絡ください」と言われる。

 「まあ有名な店だからこれくらいの対応になるかなあ」と思っていたら、先ほどの女性店員が帰ってきました。

 あり得ない対応にビックリ仰天
 「申し訳ありません。よろしかったらどうぞ」と同じフライドチキンを持ってきたのです。

 さらに、「ちゃんと揚がっていたのですが、保温しているときに冷めてしまったようです」と、明らかなウソをのたまうではありませんか!

 私は目がテンになり、「なんだその対応は!店長を出せ!」と言いたいところでしたが、昼休みも短いのでグッとこらえて、結局フライドチキンをもう一本食べてしまいました。
 おかげでカロリーオーバーでした。

 クレーム対応マニュアルはどうなっているのでしょうか?
 こういう店であればクレーム対応のマニュアルもあるでしょうから、その通り対応したのかどうか分かりませんが、唖然としてしまいました。

 私は、1~2日間食中毒にならないかという不安を抱きながら過ごさなくてはならないのに…

 言うまでもなくこの店には二度と入らないでしょう。

 大手だからこんな対応で許されるのかもしれませんが、中小飲食店であれば、あっという間に悪評判が立って閑古鳥です。
 また、食中毒でも発生すれば営業停止で大変なことになります。

 飲食店経営者の皆様には、くれぐれも最大の対応をしていただきたいと思います。
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 
  

中小企業が金融機関に求めるもの

 1月15日の『ニッキン』に、「中小企業70社に聞く、金融機関に今、求めること」という特集記事がありました。

 主には年末から施行された「中小企業金融円滑化法」についてのことでした。

 金融機関は、借り手の中小企業から条件変更要請があった場合、これに応じる努力義務が課せられました。

 中小企業へこの新法に対する期待度をアンケート調査したところ、「期待している」と「期待していない」がそれぞれ17社で同数で、「どちらとも言えない」が34社あったようです。

 「期待している」企業の特徴的な意見として、「金融機関と対等に話ができるツール」というものがありました。
 
 やはり、中小企業サイドから金融機関を見ると、「上から目線」という印象があるのでしょう。

 また、「金融機関を選ぶ理由」という質問項目では、①資金の安定的供給、②貸出金利、③各種情報の提供、④決裁が早い、の次に、「支店長や担当者の人柄」という回答が多かったのです。

 これはやや意外な感じがしましたが、「人柄」が選ぶ理由として大きいということは、私たち金融機関に勤める者としてはモチベーションアップにつながる回答です。

 もちろん「人柄」とは、単に「性格がいい」というのではなくて、有益な情報をくれるとか提案力が優れるとかいうことだろうと思います。

 こういう意味での「人柄」は、おそらくプロコンサルタントにとっても重要なのではないでしょうか。

 私は、今の金融機関勤務のうちに、コンサルタントとしての「人柄」向上に努めたいと思います。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 

独立するなら失業保険はもらうな!?

 先日、プロコンの診断士の方に、独立のことについて相談しました。

 その方は、「今の会社がイヤだという気持が理由なら、独立はやめたほうがいい」と言われました。
 私はかなり前から独立の希望があり、「会社がイヤだ」という理由ではありませんので、それはOKだなと思いました。

 ところが、それに加えてもう一つ、
 「独立するなら失業保険はもらうべきではない。」
というご回答があり、これにはややびっくりしました。

 独立診断士の方も、会社を辞めて当然失業保険(雇用保険の失業等給付)を申請しているのだろうと思っていましたので、意外なご回答でした。

 それだけ、「背水の陣」の覚悟が必要だということでしょう。

 確かに、独立宣言をしていながら失業保険をもらうのは、本来の趣旨に反しています。

 私は、この先生のアドバイスを忠実に実行して、独立を成功させたいと思っています。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
 

2009年版中小企業白書「中小企業で働く正社員の仕事のやりがい」

 更新研修の中小白書の説明において、「中小企業で働く正社員の仕事のやりがいに対する満足度と収益の関係」のグラフが出てきました。

 白書では、「中小企業の正社員について仕事のやりがいに対する満足度と、勤務先の中小企業の収益状況との関係を見たものである」と説明してあり、「仕事のやりがいが満たされている企業ほど収益は黒字の傾向」とまとめてありましたが、グラフを見る限り、さほど大きな傾向があるようには見えませんでした。

 更新研修の講師の方が「私たちコンサルタントは、従業員のやりがいを高めて企業の業績を上げようとしているのに、このグラフではあまり表れていませんね。」と、残念そうな表情で説明をされていました。

 そのグラフの上に、「やりがいを感じる源泉」の調査結果があり、もっとも大きいものが「賃金水準(昇給)」となっているデータがあります。

 やはり給料の効果的配分が従業員のやりがいを感じさせるためのカギのような気がします。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

中小企業診断協会の事務所に行ってみました!

 東京へ行ったので、中小企業診断協会に行ってみました。
 もちろん初めてです。

 ところが、残念ながら閉まっていました。

 銀座という立地ですし、ウェブサイトを見て、さぞや立派な事務所だろうと想像していたのですが…

 まあ、伝統を感じさせる事務所でした。

 また平日に行こうと思います。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

更新研修の予習をやっています

 いつもは更新研修はぶっつけ本番で臨んでいますが、今回の課題が難しくてよく解らないものですから、せっせと予習をしています。

 グループディスカッションがやや心配です。

 とはいっても、更新研修の課題は机上でやるだけですから、ある意味気楽です。

 プロコンの方々は、日々企業に対してコンサルティングを実践しているわけですよね。

 自分にそんなことができるか甚だ不安ですが、独立までには自信をつけられるようにしたいと思います。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

厄介な桜島を観光資源として活用したい

 鹿児島のシンボルの一つ、桜島をご覧になったことはありますでしょうか?

この桜島、鹿児島県人にとっては誇りであるとともに、実は厄介な存在でもあるのです。

昨年は、何と観測史上最高の、548回爆発をしました。今年に入ってからも、既に2週間で60回以上爆発しています。

 爆発がうるさいとかいうことは滅多にありませんが、問題は火山灰です。

 火山灰は細かい砂みたいなもので、降ると舞うため、傘もあまり役にたちません。目に入って大変です。洗濯物も干せません。

 このような厄介な桜島ですが、もっと観光資源として活用できないものかと思います。

 あの雄大な姿は圧倒的な迫力があり、明治維新のときの薩摩藩士のパワーを連想させます。

 また、活火山について、知ることができる資料もたくさんあります。

 来年春には新幹線が全面開通しますから、それまでに活用法を考えて観光客の集客を図りたいものです。
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

まるで雪国みたいな鹿児島!

 今朝起きたら、一面の雪景色でした。4年ぶりの積雪だそうです。
2010011307290000_3
 道路も雪で滑るのに、ほとんどの車はノーマルタイヤですから、ノロノロ運転で渋滞していました。

 私はバス通勤ですが、一時間も遅れたので、結局遅刻してしまいました。

 たった5センチ位の積雪でしたが、南国鹿児島は大パニックです。

 でも今はまた、雪がしんしんと降り積もっていて、10センチくらいになりました。

 明日の朝は、もしかしたら雪国のようになるかもしれませんsnow

 たまにはいいですね。

 でも寒いっo(;△;)o
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 

プロコンとして活躍されている方から独立応援のメールをいただきました!

 この方は、私が中小企業大学校の養成課程で学んでいたときに、同じコースで机を並べていました。当時は私と同様に金融機関に勤務されていましたが、8年前に独立されています。

 卒業後は会うことはなかったのですが、年賀状のやりとりはずっと続けていました。
 
 今年の年賀状で私が独立を考えている旨を書いたところ、次のようなメールをいただきました。

 「独立を考えておられるとのこと。大賛成です。」

 もうずっとお会いしていないので、私の実力を評価して賛成してくれたわけではなく、「診断士で独立して食っていける」というメッセージを伝えてくださったのではないかと思います。

 非常にうれしく思いますし、やる気が湧いてきます。

 近いうちに会って、詳しく体験談を聞かせていただくつもりです。東北在住の方なので遠いのですが、飛んでいきたいと思います。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 
 
 

不況期は診断士が活躍するチャンスなのか?

 『企業診断ニュース』の昨年8月号を読み直していたら、診断協会東京支部長の巻頭言があり、「不況期こそ活躍する大きなチャンス」と述べられていました。

 ということは、プロコンの診断士は仕事が増えているのか?あるいは、不況期こそ独立のチャンスなのか?

 最近中小企業の経営者から「固定費を削減するために税理士を変えようと思っている。」つまり、「フィーの安い税理士に変えたい。」という話を聞いたことがあります。
 税理士についてこのように見ている経営者は、ましてやコンサルタントと顧問契約をしようなどとは思わないでしょう。

 しかし、プロコンが対象としているのは、「なんとか巻き返しを図りたい」とやる気を持って取り組む企業だと思いますから、やはり不況期こそ活躍するチャンスはあると言えるのではないでしょうか。

 プロコンは、不況期でも前向きに考える経営者を見つけて、コンサルタントの仕事を勝ち取ることが腕の見せ所だと思います。
 
 これから独立を考えている私にとっては、東京支部長の巻頭言はとても励みになりました。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

少人数の組織でも人間関係上のトラブルがある

 私が勤めている金融機関は、支店によっては10人以内の少人数のところがあります。

 小さい組織であれば、目標達成に向けて全員が一枚岩になれるのではないかと思いきや、よく「人間関係がうまくいっていない」という話を聞くことがあります。

 私が昔、実習で行っていた先の企業も、従業員が8人位しかいなかったのですが、同じようなことがありました。
 
 従業員に個別面談をしたところ、人間関係上の悩みがあることを話したり、他の従業員の悪口を言ったりしていたのです。
 また最も困ったのは、社長と専務が身内であるにも関わらず、何かにつけて葛藤していたことです。
 
 外から客観的に見ると、「小さな組織でいがみ合うなんて井の中の蛙みたいだ」と思うのですが、当の本人たちは大まじめでいがみ合っているのです。

 私は、「コンサルタントは、コンサル先の企業において、こうした人間関係上のトラブルが発生したときに、どのように対処したらいいのかなあ」と疑問に思います。

 当たらず触らずで済めばいいのでしょうが、特に何か新しいことをやろうとするときには阻害要因になることは間違いありません。

 組織の中で人間関係上のトラブルが発生してしまうのは、人の好き嫌いが原因であることが多いのではないでしょうか。

 私は、組織として皆で同じ目標に向かうことの重要性を繰り返し説明し理解を得ることで、人間関係を超えた一体感が生まれるようにできればと思っています。 

 しかしかく言う私の組織も「人間関係」が存在しており、それを意識した運営をせざるを得ないことが、いつももどかしく感じるのが現実なのです。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 

理容業・美容業も景況悪化の影響を受けている?

 今日は約1ヵ月半ぶりに行きつけの理容店に行きました。
 「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。」とあいさつした後…

 店長(経営者)の一言・・・「昨年は景気悪化の影響で売上の落ち込みが激しかったです。」

 私は、思わず「えっ!景気が関係あるのですか?」と質問してしまいました。

 ここの店は、理容業であり美容業でもあるという珍しい店なのですが、 若い男性客が多く来店しており、いつも繁盛しているように見えていたからです。
 多くの固定客を確保していて、競争力も高い店だと思われるのにもかかわらず、景況悪化の影響を受けているとはどういうことなんだろうかと疑問に思いました。

 「中小企業の業況悪化によりその従業員の給料が減り、髪をカットするサイクルが長くなっている」とのことです。

 しかし、この店長は前向きで、「景気が悪くても工夫をすれば経営を良くすることはできると思っています。」と話してくれました。年齢は30代後半で、経営に対してやる気を持って非常に熱心に取り組んでいます。

 15坪程度の小さな店ですが、従業員を5人雇用しています。
 店長は、「従業員に辞めてもらえばコスト削減ができますが、皆のモチベーションを高く保つためにそれはしない」と言っており、そのために様々な経営上の工夫も凝らしています。
 
 この店長について、とくに私が「大したもんだ」と思ったことがあります。

 昨年末に他業種の企業の経営者6人に、最近の景況の状況や各業界の今後の見通し、経営上の工夫などについてヒアリングを行ったというのです。

 初対面の人ばかりだったらしいのですが、友人知人のつてを頼りにアポを取り、訪問して話を聞いたとのことです。
 「このヒアリングで得た情報を今後の店舗運営に生かすんです。」と、目を輝かせて話をしていました。

 私は、「いったいどんな情報を得たんですか?」と質問したかったのですが、髪のカットも終わってしまい聞けませんでした。
 その質問は次回の楽しみにしたいと思います。

 私も独立したら、この店長のように、有益な情報を得るために多くの人のところへ飛び込んで行こうと決意したのです。

モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

4コマ漫画ブログ(その2)

Photo
Photo_2
駄作でしたcat次を期待してください
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

4コマ漫画ブログ(その1)

Photo_10
Photo_11
※ネタは三遊亭歌之介師匠の落語です。
 ランキングサイトに登録しています。
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


「診断士は食える」と確信をもって独立を目指します

 診断士試験合格の方おめでとうございます。

 合格された方々の中には、すぐにでもプロコンとして独立を考えている方もいらっしゃるでしょうね。

 私は今は企業内にいますが、独立することを計画しています。

 「独立して仕事が取れるだろうか」「生活できるだろうか」という不安はないと言えば嘘になりますが、たくさんの成功している先輩方(私よりも若い人も多いですが)を見て「自分もあのようになりたい」と思っています。

 そのための準備期間がまだありますので、着実に取り組んでいきたいです。

 そして、今回合格された方々へ「診断士は食えるんだ」ということを証明したいと思います。

 ランキングサイトに登録しています。
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


「カナリア理論」から脱却させたい中小企業

 皆さん「カナリア理論」というのはご存知ですか?

 文字通り鳥のカナリアのことです。

 昔、炭鉱で働く労働者は、空気が悪くなる危険に備えて、カナリアを連れて炭鉱に入ったそうです。
 人間よりも敏感なカナリアは、酸素が減ったり有毒なガスが出たりしたときに、人間よりも先に倒れて危険を知らせてくれるからです。

 私は、中小企業、特に小規模な企業はこの「カナリア理論」のように、景況悪化の影響を大企業よりも先に受けてしまっていると思います。

 リーマンショック以降の100年に一度といわれる不況の中で、倒産件数はむしろ少なくなっています。これは、セーフティネット保証など、政府の経済対策が奏功しているのでしょう。
 しかし、一時的な融資を受けて延命されているだけかもしれません。

 個々の中小企業が、中小企業ならではの力(豊かな創造性、幅広い適応力)を発揮して、収益回復を図ることが重要だと思います。

 我々診断士は、中小企業が「カナリア」ではなく、「フェニックス」のようになれるようにサポートしたいですね。

 ランキングサイトに登録しています。
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

まだ正月気分が抜けないのに明日は出勤

 明日は2010年初出勤です。

 よく考えたら月曜日なのです。

 ブルーマンデーですが、初出勤だから張り切っていきましょうpunch

 まずは、職場でお互い「本年もよろしくお願いします。」と挨拶するんでしょうね。

 今年は、独立に向けて飛躍の年にしたいと思いますup
 このブログも面白い内容にしていきたいと思います。

 ランキングサイトに登録しています。
モチベーションアップのために一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


 

勝間和代 VS 香山リカ ガチバトル観ましたか?

 今日「たけしのガチバトル!」というテレビ番組で、勝間 和代さんと精神科医の香山 リカさんのバトルがありました。

 勝間 和代さんはビジネス書で多くのベストセラーを出しており、テレビにも頻繁に出ています。勝間さんのように活躍する女性を目指す「カツマー」といわれる人たちを生み出しているそうです。

 一方香山さんは、精神科医をしていて、「カツマー」を目指していた女性たちが挫折してうつ病になって相談に来るのを見て、著書『しがみつかない生き方』の中で「カツマーを目指すな」ということを述べています。
 つまり、勝間さんのように努力して成功者を目指すのではなくて、肩の力を抜いてできる範囲で普通の幸せを求めることを提唱しています。 

 この二人が、たけしの番組で面と向ってバトルしたので、興味深く観ていました。

 私は、資本主義社会においては、何らかの努力をして競争に勝つことが、幸福を得るために欠かせないと思います。
 したがって、勝間さんはそれを成功させた人として尊敬します。

 しかし、いくら努力しても、勝間さんのように成功を収められるとは限りませんよね。

 勝間さんに対してアンチテーゼ的な著書を書いたのが香山さんですが、そういう香山さん自身は成功した女性だと思います。
  
 私は、現状に満足せず成功を目指すことは必要なことであり、そのために効率的な努力でアプローチすることが重要と主張する勝間さんは合理的だと思います。

 しかし、香山さんが言うように、「がんばり過ぎないこと」も忘れてはならないと思います。

 若い世代、特に女性は「何かをやりたい。そして成功したい」と思っている方が多いと思いますが、その「何か」が「勝間さんを目指そう」などと具体化している人は少ないのではないでしょうか。
 むしろ、その「何か」が見つからなくて悩んでいる人が多いように見受けられます。

 そういう私も、「プロコンになる」ことは決意していますが、具体的ななりたいプロコン像が固まっていないのが悩みのタネでございます。
 ランキングサイトに登録しています。一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓
 にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

 
 

縁起を担ごうと思い福袋を買いに行きましたが・・・

 鹿児島中央駅に隣接するショッピングセンター「アミュプラザ」に福袋を買おうと思って行きました。開店30分前の9時半に行きましたが、長蛇の列ができていました。

 開店と同時に目当ての店に行きましたが、福袋はあっという間に売り切れて買えませんでした。

 モノが売れない時代ですが、福袋は例年よりも人気があるようです。

 やはり皆さんも私と一緒で、縁起を担いでいるのと「割安感」に魅力を感じているのでしょうね。

 今年は明るい年になりますように
 ランキングサイトに登録しています。一日ワンクリックのご協力をお願いします。↓↓↓
 にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
Cocolog_oekaki_2010_01_01_17_37


« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

ツイッター

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ